Home

外壁塗装を塗り替えるべきタイミングの目安は?|横浜の業者が紹介 | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

外壁塗装を塗り替えるべきタイミングの目安は?|横浜の業者が紹介

外壁塗装を塗り替えるべきタイミングの目安は?|横浜の業者が紹介

外壁塗装の塗り替えをいつしようか、お悩みの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装は年数とともに劣化してしまうものであり、いつかは塗り替える必要のあるものです。
特に剥がれなど目に見えてわかる劣化があると気になるものですよね。
そこで今回は、外装塗装を塗り替えるべきタイミングを知る方法をご紹介します!
 

●塗り替え時期の目安

外壁塗装の塗り替えは、8年から10年ごとにおこなうのが一般的と言われています。
しかしこれはあくまでも一般的な目安となる年数であり、実際には使用されている塗料の種類により大きく耐久年数が変わります。
以下にその例の一部を挙げます。
 
・アクリル樹脂塗料:耐久年数5~8年
・ウレタン樹脂塗料:耐久年数8~10年
・シリコン樹脂塗料:耐久年数10~15年
・フッ素樹脂塗料:耐久年数15~20年
・光触媒塗料:耐久年数10~15年
・多機能性断熱塗料:耐久年数15~20年
 
やはり長持ちする塗料ほど、かかるコストも高くなる傾向にあります。
現在もっとも外壁塗装の主流となっているのはシリコン樹脂で、耐久性と費用面を鑑みたコストパフォーマンスがより高いとされています。
その他、太陽光や雨などの自然の力で汚れを落とすことができるという特徴をもつ光触媒塗料や、環境に配慮した多機能性断熱塗料もおすすめしています。
 

●塗り替えを必要とするサイン

一般的な塗り替えるタイミングの目安は上記の通りですが、太陽光の当たり方や海からの距離、降水量などの住宅周辺の環境や、下地調整をしっかりおこなったかどうかという前回塗装の質等によっても劣化の進行の程度は変わってきます。
もし次のような現象が起こっているときは、外壁塗装の塗り替えを検討してみてください。
 
・色褪せ、ひび割れ、膨れ、剥がれなどの損傷が発生している
・油っぽい汚れ、サビ、カビ、コケや藻が発生している
・手で触れると白い粉がつく(=紫外線によるチョーキング現象)
以上のいずれかに当てはまる場合には、経過年数に関わらず塗り替えをすべき時に達しています。
あなたの住宅の外装はどんな状態か、一度確認してみるのはいかがでしょうか。
 

●まとめ

以上、外壁塗装を塗り替えるべきタイミングを図る方法をご紹介しました。
外壁塗装は、住宅の見た目の美しさを左右するだけではなく、住宅自体の腐食を防いで寿命を延ばすためにとても重要なものです。
大切な家を守るためにも、タイミングを見計らって外壁塗装の塗り替えをおこないましょう!


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00