Home

外装塗装工事にはどれくらいの期間がかかる?|横浜の業者が紹介 | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

外装塗装工事にはどれくらいの期間がかかる?|横浜の業者が紹介

外装塗装工事にはどれくらいの期間がかかる?|横浜の業者が紹介

そろそろ外壁塗装の塗り替えをしようかな?とお考えの方へ。
我が家を工事するのですから、いったいどれほどの期間がかかるのかというのは気になるところではないでしょうか。
そこで今回は、外壁塗装工事開始から完了までにかかる期間を流れとともにご紹介します。
 

●流れ

1. 足場設置(1日)
まずは家の周りに金属の仮設足場を作り、塗料の飛散を防止するシートで覆います。
もっとも大きな音が出る工程なので、事前にご近所さんに挨拶した方が良いでしょう。
なお、この段階で家全体が見えなくなります。
 
2. 高圧洗浄+乾燥(2~3日)
塗装の前に、外壁の汚れを落とします。洗浄後は、24時間以上の乾燥が必要です。
 
3. 養生・下地調整(1日)
養生は、ドアなど塗料をつけたくないところを保護することです。
下地調整とは、新しい塗料がしっかりつくように下地を補修する、とても重要な工程です。
 
4. 外壁塗装(7日程度)
下塗り、中塗り、上塗りと最低3回は塗る必要があります。
塗料が乾いてから重ね塗りしなければならないので、相応の日数がかかります。
 
5. 足場解体・撤収(1日)
仕上がりを確認して問題がなければ、養生や仮設足場を除去して工事を完了します。
以上のような流れで工事が進みます。塗装工事にかかる合計日数は平均で14日程度とされています。
 

●注意点

外壁塗装工事にかかる日数は天気に左右されます。温
度や湿度の影響を受けるほか、雨や強風の日は塗装作業をおこなうことができません。
 
というのも、雨の日は、
・塗料に雨水が混ざり、薄まる。→長持ちしなくなる。
・雨によって塗料が流れ出す。→仕上がりがきれいにならない。
・塗料が乾かない。→ひび割れなどの原因になる。
というようなリスクがあるからです。
 
強い風の日は、
・ホコリやゴミが飛散する。→塗装中に紛れ込むと仕上がりがきれいにならない。
・塗料が飛散する。→ご近所さんに迷惑がかかる。
というような恐れがあり、塗装をおこなうべきではないのです。
 

●まとめ

以上、外壁塗装工事にかかる期間をご紹介しました。
工事の流れや、期間が延びてしまう場合についてお分かりいただけたかと思います。
やはり工事中は生活に多少の支障が生じてしまうので、かかる期間が短いに越したことはないと考える方も多いでしょう。
しかしながら、より美しく長持ちする塗装を実現するためには、ある程度の日数が必要になることをご理解いただけたと思います
必要な日数を確保して、満足のいく塗装にしましょう!


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00