Home

横浜の業者が徹底解説!外壁塗装業者の種類と特徴とは? | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

横浜の業者が徹底解説!外壁塗装業者の種類と特徴とは?

横浜の業者が徹底解説!外壁塗装業者の種類と特徴とは?

「そろそろ外壁塗装工事を考えないといけない」
「業者選びで悩んでいて、なかなか決められない」

このような悩みをお持ちではないでしょうか?
今回は、外壁塗装業者の種類と特徴について解説します。

 

◎外壁塗装業者の種類とは?
外壁塗装業者には主に5つの種類があります。
その5つとは、「工務店」「営業会社」「総合リフォーム店」「塗装屋」「塗装職人専門店」です。
これらは、営業方法や実際に施行するまでのスタイルが、それぞれ異なっています。
では、実際にどのような施工スタイルになっているのでしょうか?

 

◎それぞれの施行スタイルとは
外壁塗装の施行スタイルには、大きく2つのタイプがあります。
その2つのタイプとは、
・下請け職人が施行しているタイプ
・自社職人が施行しているタイプ
になります。

 

◎下請け職人と自社職人が施行する業者の違い
まず、下請け職人が施行する業者の流れを解説します。
下請け職人が施行する業者の施工までの流れは、

お客様が外壁塗装を依頼→リフォーム会社が外壁装業者に依頼→外壁塗装業者(下請け職人)が施行

このような流れになります。

 

この場合、実際に依頼した業者とは違う業者が施行するため、中間マージン(リフォーム会社の利益)が含まれるので施行費が割高になります。しかし、比較的低価格で提供されている業者もあるので驚きます。

 

次に、自社職人が施行する業者の流れを解説します。
自社職人が施行する業者の施工までの流れは、

お客様が外壁塗装を依頼→外壁塗装業社が施行

このような流れになります。

 

下請け職人が施行する業者と違って、中間マージンが発生しないので、材料費や施行費にお金をかけることができ、良質で安心できる価格で提供することが可能になります。

では、先述した5つの種類は、どのように分けられるのでしょう?

 

◎下請け職人の業者と自社職人の業者
下請け職人が施行する業者には、「工務店」「営業会社」「総合リフォーム店」があります。

一方、自社職人が施行する業者には、「塗装屋」「塗装職人専門店」があります。

外壁塗装業者を選ぶ際は、慎重に選ぶ必要がありますが、業者についてある程度の知識があると、後悔しない業者選びをすることができます。

 

◎最後に
外壁塗装業者についての知識が増えたのではないでしょうか?
株式会社KINDAIには、塗装、防水、内装ができる自社職人がおります。そのため、中間マージンなどが一切なく、お客様に安心価格で良質な工事が提供できます。

 

もし、「外壁塗装業者をなかなか絞ることができない」「どの業者に頼めば良いのだろう」という悩みをお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00