Home

外壁塗装の目安とタイミングを知っておこう! | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

外壁塗装の目安とタイミングを知っておこう!

外壁塗装の目安とタイミングを知っておこう!

外壁塗装をこれらしようと思っていても、いつすればいいのかというのは、なかなかわからないですよね?
そういう人たちのために、今回この記事では、外壁塗装をするタイミングと目安を横浜の外壁塗装業者が紹介します。

是非参考にしてみてください。

 

■タイミング
外壁塗装の時期の目安として、1番わかりやすいのは、築10年以上経っているかどうかです。

家は、建てられた時から、劣化がすすんでいるものです。ですので、築10年も経てば、メンテナンスをしなければいけないところがでてきます。

 

外壁塗装をおすすめする季節は、秋頃の10月~11月です。

雨が少なく、気候も安定しているので、非常におすすめです。

 

■外壁に現れる劣化を知っておこう
外壁の劣化の症状を知っておくだけで、塗装のタイミングを自分で判断することができます。

 

・褐色・変色
新築当初と比べて色が変わっていないかを確認してみましょう。

 

・ひび割れ
ひび割れといってもさまざまな症状があります。ですので、ひびが出てきたら、まずは業者に診断してもらうことをおすすめします。

 

・チョーキング
外壁を手で触って、粉上のものがついたら、外壁塗装のタイミングです。

 

・カビ・コケ
外壁の汚れをそのままにしておくと、それを栄養にしてカビやコケが繁殖してしまうことがあります。繁殖する前に、塗装の塗り直しが必要です。

 

 

■雨季の塗料は避けよう
外壁塗装に塗料は、もちろん不可欠ですが、塗料が乾く前に、雨水がついてしまうと塗料が流れていってしまう可能性があります。

 

外壁塗装は、塗った後に必ず乾燥させる必要があります。

乾燥時間をしっかり確保することで、塗膜が作られて、この塗膜によって、紫外線・雨水などの自然環境からのダメージを防いでくれる防御壁となります。

 

もし雨水で流れてしまうと次のようなことが起こります。

 

・乾いていない部分が流れてしまう
・乾燥するための時間を多く要する
・乾燥が不十分なまま塗装が仕上がってしまう

 

ですので、雨季の時期の塗装はなるべく避けるように心がけましょう。

 

 

■そもそも外壁塗装をするメリット

 

・劣化を防ぐ
・雨漏りなどの水の侵入を防ぐ
・家を長持ちできる
・補修費を抑える

このように外壁塗装をすることによって、さまざまなメリットがあります。

 

■まとめ
今回は、外壁塗装のタイミングと目安について紹介しました。

これから外壁塗装を行おうと考えている方がいらっしゃいましたら、上記にあげたことを是非参考にしてみてください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00