Home

屋根の防水工事の必要性を横浜の外壁塗装業者が紹介します | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

屋根の防水工事の必要性を横浜の外壁塗装業者が紹介します

屋根の防水工事の必要性を横浜の外壁塗装業者が紹介します

「防水工事なんて必要ない!」なんて思っている方も多いかもしれません。

しかし、実際は違うんです。家を建て時に、しっかり屋根の防水塗装をしたといっても、年数が経つことによって、どうしても劣化してしまうのが現状です。

 

ですので、劣化を防ぐためにも、防水工事をすることをおすすめします。

この記事では、防水工事の必要性を、横浜の外壁塗装業者が紹介します。是非参考にしてみてください。

 

■屋根の防水

雨漏りを防ぐことは、家屋を長持ちさせるための重要なポイントです。

家を建てる時に、防水塗装をしたから大丈夫だと思っている方もいるかもしれませんが、建築時にどんなに強力な防水加工を行っていても、経年劣化によって、その効果はどうしても落ちてしまいます。

 

防水効果が低下してしまうと、雨漏りが起こりやすくなり、家の心臓部である柱や、梁が痛んで腐ってしまう恐れがあります。

鉄骨も同様に、侵入してきた雨によって錆びてしまい、強度がどんどん落ちてしまうかもしれません。

 

防止加工をやらないままでいると、防水加工だけではすまなくなり、多額の費用が掛かってしまう恐れがあります。

また、今防水工事を行わないにしても、定期的にメンテンナンスを受けるようにしましょう。

 

■防水加工に使われる素材
防水加工には、さまざまな素材があります。

環境に合った素材を使うことで、より防水効果を高めることができます。参考にしてみてください。

 

・シート防水

施行を簡単に行うことができるので、その分時間を短く済ませることができます。

ですが、シートなので、複雑な場所への施行が難しくなる時があります。

 

・ウレタン防水
液状なので、複雑な場所でも、完全な防水加工を施すことができます。

液状の分、防水層の厚さの均一が難しく、外部からの衝撃に弱いとされています。

 

・FRP防水
防水加工の中では、強度・耐久性・成形性に定評があります。屋上やベランダだけではなく、いろりろな場所で使われています。

下地との接着は協力ですが、地震でひびが入ってしまうことがあります。

 

■値段の目安

 

・シート防水 3000~5500円
・ウレタン防水 4500円~6500円
・FRP防水 6000円~8000円

 

目安なので、工程によって値段に変動があります。

 

■まとめ
今回は、防水工事について紹介しました。防水工事は家を長持ちさせるための重要なポイントです。

防水工事のことで、何か疑問がございましたら、弊社にお気軽にお問い合わせください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00