Home

屋根塗装工事の保証期間はどれくらい?横浜の塗装業者が紹介します | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

屋根塗装工事の保証期間はどれくらい?横浜の塗装業者が紹介します

屋根塗装工事の保証期間はどれくらい?横浜の塗装業者が紹介します

外壁塗装を依頼する際、工事をした後の保証期間がどれくらいなのかということや、保証内容はどうなっているかなど気になるところは多いですよね?

 

今回この記事では、そのような疑問を持っている方たちのために、保証が適用できる期間や内容を紹介していきます。

 

■保証期間
塗料別、部分別の一例を保証期間を紹介します。

 

塗料別

・断熱塗料 7~8年
・ウレタン樹脂塗料 5~6年
・シリコン樹脂塗料 7~8年
・フッ素塗料 7~10年
・光色媒体塗料 7~10年

 

部分別
・タイル補修工事 3~5年
・シーリング工事 1~5年
・防止工事 10年
・木部、鉄部 1~5年

 

■外壁塗装の保証の種類
外壁塗装の保証は大抵、「自社保証」と「団体・組合保証」の2つの種類があります。

 

■自社保証
外壁塗装業者が、自社で保証を行ってくれるものです。

地域密着型で、周期的に外壁の様子を見てくれて、補修をする必要があるかなど、アフターフォローをしてくれる業者もあれば、自社保証を出していても、乏しい保証内容を勧めてくる悪徳業者もあります。

 

自社保証は、業者によって内容が変わってくるので、保証の対象となっているものを、しっかりチェックする必要がります。

 

■団体・組合保証
外壁塗装業者が参加している団体や、組合の保証制度を利用することができる仕組みです。

依頼した業者が、万が一倒産してしまったとしても、その業者が加入していた団体や組合の保証を受けとることが可能ですので、消費者にとっては安心することができる制度です。

 

組合・団体保証は、外壁塗装業者の施行している内容をしっかり確認した上で、保証書を発行しているものなので、きちんとした品質の施行を、受けることができる保証です。

たくさんの団体や組合があるので、施行業者に加入している団体を尋ねて、保証してもらえるのかチェックしておきましょう

 

■保証の対象
一般的に保証は、塗膜の剥落に適用されます。ですが、その他の不具合にも対応してくれる場合がありますので、契約前に何が適用されるかを、確認しておきましょう。

 

例えば、立地によっては、苔や藻が発生した場合に、保証をしてくれるところがあります。

 

■保証外となる例

 

・天災や火災、地域の変動などの自然現象
・不適切な使用で破損してしまった場合
・増築やリフォームなどの、工事請負業者以外の作業が要因した場合
・建物の欠陥が起因する場合

 

■まとめ
今回は保証期間や保証内容を紹介しました。是非参考にしてみてください。

また少しでお悩みがございましたらお気軽にお問いあわせください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00