Home

屋根・屋上の防水工事のメンテナンスとイミングを横浜の業者が紹介します | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

屋根・屋上の防水工事のメンテナンスとイミングを横浜の業者が紹介します

屋根・屋上の防水工事のメンテナンスとイミングを横浜の業者が紹介します

家を建築した時、防水工事をしたといっても、その効果は長続きするわけではありません。

また、そのまま放置しておくと、家が傷んでしまう可能性があります。

 

そこで今回この記事では、防水工事を施行してもらった場所のメンテナンスとタイミングについて、横浜の外壁塗装業者が紹介します。

是非参考にしてみてください。

 

■屋上・屋根の重要性
建物の屋上防水・屋根防水はとても重要です。なぜなら、屋根防水で建物を守っているからです。

もし防水機能が低下してしまうと、知らぬ間に、建物の中に水が浸入してしまうことがあります。

 

早く発見できれば、被害を少なくすることができますが、遅れると被害が大きくなってしまうことがありますので、屋上・屋根のチェックは怠らないようにしましょう。

 

■防水工事のメンテナンスとタイミング
家を建てた時に、防水塗装をしたといっても、永久に防水加工が続くわけではありません。

防水加工は年数が経つにつれて、その効果はどうしても落ちてしまいます。

そのまま放置をしていると、家を傷めてしまう可能性があるので、寿命が来る前に、塗り直しをする必要があります。

 

またメンテナンスを行うことによって、その部分の寿命を延ばすことができるので、定期的にメンテナンスをすることをおすすめします。

 

■ウレタン防水(寿命 10年~13年)
屋上などに使用している場合は、紫外線にさらされてしまったり、夏の暑さや、冬の寒さを繰り返すことによって、ウレタンゴムは劣化してしまうので、6年~7年ごとにメンテナンスをする必要があります。

 

■シート防水(寿命 12年~15年)
シートを重ね合わせて施行しているので、どうしても繋ぎ目の強度は弱くなってしまいます。

ですので、年数が経つにつれて、剥がれや浮きが発生することがあります。

10年以上のメンテナンスフリーではありますが、定期的に見てもらうことが必要です。

 

■FRP防水(寿命 10年~13年)
耐水性・耐久性に定評があります。また、シート防水とは違い、夏の暑い日や冬の寒い日にもしっかりと対応することが可能です。

寿命は10年~13年ほどありますが、割れが発生してしまうと、下地から工事しなければいけないので、定期的にメンテナンスをすることをおすすめします。

 

■まとめ
今回は素材の寿命や、メンテナンスをしたほうがよい時期を紹介しました。

これらは、場所や環境によって変化するので、期間内でも放置せずにご自身でしっかりと定期的にチェックしてみてください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00