Home

外壁塗装の工事期間どれくらいかかるか横浜の外壁塗装業者が紹介します | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

外壁塗装の工事期間どれくらいかかるか横浜の外壁塗装業者が紹介します

外壁塗装の工事期間どれくらいかかるか横浜の外壁塗装業者が紹介します

「外壁塗装をする時ってどのぐらいの期間がかかるものなのかなあ…」外壁塗装の工事を業者に依頼される際にこのような疑問をお持ちになるかもしれません。

 

そこで今回は、外壁塗装の工事にかかる期間についてそれぞれの工程ごとに見ていきます。

 

■工程別に見る日程の目安

 

➊近隣への挨拶と工事の準備
業者の方が来られて工事の準備が行われます。半日もあれば終わることですので、次の段階と同時に行われることもあります。

 

業者の中には近隣へ挨拶回りを行い工事の旨を伝えられる方がいらしてこれは配慮が行き届いた素晴らしいことではあるのですが、外においてあるものを動かしたり保護したりするなどといったご近所の方の準備もありますので、それよりも一週間程前にご自身でご近所の方へのお知らせと挨拶を行っておくとより無難でしょう。

 

❷足場の組み立て
足場は高所で行うこともある外壁塗装の工事における安全性を確保するだけでなく、作業中の姿勢を安定させるために欠かせないものです。

 

さらに、工事中に飛散する塗料や水あるいは工事に伴って発生するごみが周辺に飛び散らないように、足場全体をシートで覆います。

これらの工程を一日ほどかけて行います。

 

❸高圧洗浄
外壁に汚れが付いたままあるいは塗料の劣化によって壁の表面にでてきた粉をそのままにしておくと凸凹ができていてうまく塗ることができません。

そのため高圧の洗浄機を使ってきれいにします。全体を隈なく行うためこの作業だけでも最低一日、長い時には三日ほどかかることもあります。

 

❹下地の処理
外壁素材に傷を付けたり、目地に埋め込まれているゴムの補修を行ったりと、塗装による機能をより高めるための処理を塗装に先駆けて行います。

作業に要する時間は最低一日で、処理の必要な範囲が大きくなると期間が延びることもあります。

 

❺養生
塗装する部分以外は塗料が付着しないようにビニルシートなどで覆って保護します。

この工程を養生と言い、数時間から半日ほどの時間を要します。

 

❻塗装
塗装の段階は、下塗り→中塗り→上塗りの最低三回行います。

その都度数時間の乾燥時間を設ける必要があるので、三日以上はかかると考えておくとよいでしょう。

 

❼最終点検
お客様にも立ち会ってもらって、塗装が不十分なところがないかを点検し、必要に応じて手直しを行っていきます。

補修工事のことも考えますと最低一日はかかると考えるのが無難です。

 

❽片付けと清掃
作業のために組み立てた足場を解体し、清掃を行って現場を片付けます。一日もあれば完了すると感がられます。

 

■まとめ
ここまで外壁塗装の工事においてかかるおおよその期間を工程ごとにご紹介いたしました。

 

工事を依頼される際に押さえておいていただきたいのは、この期間中に工事が完了するのはまれであるということです。

それは別に施工業者が怠惰であったからではなく、天候による順延が要因となります。

 

具体的に、特に塗装の段階なのですが、温度が低いあるいは湿度が高いという理由で作業が禁止されることがあります。

また、雨の日の作業は足場も悪くなって危険ですので行われないことも多いです。

このようにある程度の延長が見込まれるということを知ったうえで余裕を持って契約するようにしましょう。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00