Home

外壁塗装いつの季節良いのか?横浜の外壁塗装業者が紹介します | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

外壁塗装いつの季節良いのか?横浜の外壁塗装業者が紹介します

外壁塗装いつの季節良いのか?横浜の外壁塗装業者が紹介します

外壁塗装を行う際、適したシーズンなどあるのでしょうか?

この時期に行うのが一番いいというのはありませんが、多少なりともいつ行うかによって、塗装の完成度が変わってくることがあります。

 

そこで今回この記事では、実際にどの季節がおすすめなのかや、季節ごとの特徴などを知ってもらうために、横浜の外壁塗装業者が紹介します。

 

■気候
冬の寒い日や湿度が高い日などに外壁塗装を行うのは、おすすめではありません。

 

このような気候の日に、無理に塗装を行ってしまうと、塗料に雨水が混ざって、仕上がりが悪くなったり、乾燥が終わってないうちに、重ねて塗ることで、後々、塗装が剥がれていってしまう可能性があります。
ですので、天候はしっかり見極める必要があります。

 

■季節ごとのメリット・デメリット
外壁塗装は、気温が穏やかで空気が乾燥している時期が適しています。

とは言っても、普通の天候であれば、いつでも外壁塗装を行うことができます。

 

季節ごとの特徴を紹介するので、参考にしてみてください。

 

・春
気温・湿度ともに安定していて非常におすすめです。

 

・梅雨
この期間は利用者が少ないため、予約がとりやすく、費用が安くなる可能性があります。

 

・夏
晴れの日は多いですが、塗装工事中は窓を開けることができないため、エアコンが欠かせなくなるでしょう。

 

・秋
春同様、気温・湿度が安定しているので、適している時期です。

 

・冬
降雪・凍結の可能性があります。

 

■おすすめシーズン
春と秋が基本的に、ベストシーズンとされていて、梅雨は避けたほうがいいと言われています。

ですが、春・秋のような安定した季節に工事を行ったとしても、デメリットがなくなるわけではありません。

 

■時期によっては費用を抑えられる可能性も
気候条件だけを見て、時期を選ぶのではなく、費用に注目して選ぶというのもポイントです。

梅雨の時期であれば、普段より依頼数が減って、価格が安くなるため、安い費用で、工事を行える可能性があります。

 

塗装を頼みたいけど、費用の面で気になるという方は、梅雨の時期を選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

 

冬に塗装を行う場合は、湿度が低いため、塗料が乾きやすいというメリットがあります。

積雪量が少ない地域に住んでいるのでしたら、冬に塗装工事を行ってもよいでしょう。

 

■まとめ
今回は、外壁塗装のシーズンについて紹介しました。

これから外壁塗装を行う際は、天候をしっかり見極めてから行うことをおすすめします。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00