Home

屋根って防水工事は必要なの?横浜の塗装業者が解説します | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

屋根って防水工事は必要なの?横浜の塗装業者が解説します

屋根って防水工事は必要なの?横浜の塗装業者が解説します

「屋根の防水対策が必要だって、どこかで聞いたことがあるけど、実際本当に必要なの?」
「屋根って、防水工事しなくても問題なさそうだけど、工事をしないといけない理由は?」
このような考えをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

たしかに、屋根は防水工事などしなくても、何も問題なさそうに感じます。
しかし、屋根は雨水に最もさらされる部分であり、屋根はその見た目以上に、工事をしないままでは雨水に対して弱いのです。

 

今回はなぜ屋根に防水工事をする必要があるのか、そして具体的にどのような箇所に防水工事をすべきなのか、について横浜の塗装業者がご紹介したいと思います。

 

○屋根の防水工事の目的
では、屋根の防水工事は何のために行うのでしょうか?
その理由は、「雨漏り防止によって、家全体を長持ちさせるため」です。
当然のことのように聞こえますが、実はこの「雨漏り防止」という観点を多くの人は軽視しがちなのです。

 

それは、「屋根自体に防水の役割があるでしょ?」という考え方を持っている人が多いためです。
たしかに屋根は塗装されていて、その見た目からは雨水の影響をあまり受けないように感じます。
しかし、実は屋根はその見た目以上に雨水に弱いのです。

 

さらにもう一つよくある考えとしては、「うちは屋根に防水塗装をしてあるから、問題ない。」という意見です。
しかし、ここにも落とし穴があります。
建築時にどんなに強力な防水加工をしていても、時が経つにつれて、その効果は低下してしまいます。

 

しかし、その効果の低下は、目には見えないものです。
防水塗装の効果が低下してしまうと、知らず知らずのうちに雨漏りが発生しやすくなったり、家の柱のような中心部にも影響を与えてしまいます。
こうなってしまうと、家全体の寿命にも関わってきてしまいます。このような事態を避けるために、屋根の防水工事が必要なのです。

 

○どのような箇所に防水工事をするべきか

・フロア部分
屋根は家で一番雨水にさらされる部分であることに加えて、日光によるダメージも受けています
。ですから、フロア部分の防水塗装は思っているよりも早く影響を受けてしまいがちです。
まず、フロア部分の防水工事は必須といえるでしょう。

 

・側溝部分
側溝部分は意外と見落としがちですが、この部分も防水工事は必須です。
この部分の防水工事がしっかりできていないと、思わぬところからの雨漏りにつながってしまいます。

 

○おわりに
以上、屋根の防水工事の目的とどのような箇所に防水工事をするべきかについてご紹介しました。
この記事が屋根の防水工事をお考えの方のお力になれば幸いです。
屋根の防水工事に興味をお持ちの方はぜひ当社までお問い合わせください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00