Home

外壁塗装が必要なタイミングの目安とは?横浜の塗装業者が解説 | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

外壁塗装が必要なタイミングの目安とは?横浜の塗装業者が解説

外壁塗装が必要なタイミングの目安とは?横浜の塗装業者が解説

「なんだか家の外壁の塗装が剥がれてきている気がする。でも、どれくらいの状態になったら外壁塗装を決断すべきなんだろう?」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
たしかに、外壁塗装はそう何回もやるものではありませんし、外壁塗装が必要なタイミングやサインは分かりづらいですよね。

 

そこで今回は、外壁塗装が必要なタイミングやサインについて横浜の塗装業者がご紹介します。

 

○外壁塗装すべきタイミング
「え?いつでもいいんじゃないの?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実は外壁塗装には大体の時期の目安や、避けた方が良い季節があるんです。
詳しく見ていきましょう。

 

・時期
外壁塗装の時期の目安としては、前回の外壁塗装から約10年後です。
つまり新築なら、築10年ということになります。
これは、塗料にもよりますが、大体10年経つと何らかの不具合が発生してくる場合が多いからです。

 

・季節
外壁塗装をするべき季節としては、雨季である6月~7月は避けた方が良いでしょう。
理由としては、塗料に雨水が付いてしまうと塗料が流れてしまうためです。
塗料が流れてしまうと、塗膜が作れなくなり、紫外線や雨水などのダメージから家を守れなくなってしまいます。
塗料の十分な乾燥が塗装には重要なのです。

 

○外壁塗装が必要なサイン
素人には、外壁塗装のサインはなかなか分かりづらいものですよね。
ここでは、外壁塗装が必要なサインについて見ていきます。

 

・チョーキング
チョーキングとは新築時の塗装や以前の塗料の耐用年数が過ぎて、塗料の粉化が起こってしまう現象のことを言います。
チョーキングが起こっていると塗料本来の性能が失われ、建物が紫外線や雨水などの自然環境からのダメージを受けてしまいます。
そうなると、建物の劣化も早まってしまいます。

 

・ひび割れ
外壁がひび割れしてしまうと、雨水が内部に入り込んで建物が腐る原因になります。
ひび割れと言うと、「まさか…。うちには関係ない。」という方も多いかもしれませんが、見落としがちな部分で実はひび割れが起こっているという場合も多いのです。

 

・塗膜の剥がれ
長期に渡って紫外線や雨水にさらされていると、塗膜の剥がれが起こってきます。
放置してしまうと外壁の性能低下につながるので、塗膜の剥がれが起こっていたら注意が必要です。

 

・サビ
金属部分がサビてくると、外観的な部分はもちろん、建物自体の機能低下にもつながってしまいます。
サビは建物全体に関わるので、早めの塗装が必要です。

 

○おわりに
以上、外壁塗装が必要なタイミングやサインについてご紹介しました。
外壁塗装に興味をお持ちの方はぜひ当社までお問い合わせください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00