Home

外壁塗装の業者の種類とそれぞれの特徴は?横浜の業者が解説 | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

外壁塗装の業者の種類とそれぞれの特徴は?横浜の業者が解説

外壁塗装の業者の種類とそれぞれの特徴は?横浜の業者が解説

「外壁の塗装が剥がれてきたなあ…。塗装業者に塗装を頼みたいけど、そもそも外壁塗装にはどんな種類があるんだろう?」
「外壁の塗装が剥がれてきたのが気になる。外壁塗装の業者の特徴について知っておきたい。」
外壁塗装について、このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、外壁塗装の業者の種類とそれぞれの特徴について横浜の塗装業者がご紹介します。

 

○外壁塗装の業者の種類
まずは外壁塗装の業者にはどんな種類があるのか、またそれぞれの費用の内訳を見ていきます。

 

・工務店…施工費=工務店+下請け業者+孫請け業者

 

・営業会社…施工費=営業会社+営業マン+下請け業者

 

・総合リフォーム店…施工費=リフォーム会社+営業マン+下請け職人

 

・塗装屋…施工費=自社職人(店によっては下請け職人)

 

・自社職人塗装専門店…施工費=自社職人
(当社はこれに当たります。)

 

このようにそれぞれの業者についてみていくと、中間マージンが多く発生する業者と、全く発生しない業者があるのがお分かりいただけると思います。

 

○外壁塗装の業者のそれぞれの特徴
では、それぞれの業者の特徴について見ていきます。

 

・工務店…下請け職人が施工を担当し、塗料は耐久年数が約4年のウレタン系塗料や約5年のシリコン系塗料が多く使われます。

 

・営業会社…下請け職人が施工を担当し、飛び込み営業や電話での勧誘が多いです。塗料は耐久年数の長い種類を使用しますが、下請け職人の腕次第という面があります。

 

・総合リフォーム店…下請け職人が施工を担当します。リフォームの一部として外壁塗装を行うため、技術がどのレベルなのかは不透明な部分があります。

 

・塗装屋…店によっては下請け職人に依頼することもあるので、中間マージンが発生する場合もあります。あらかじめ確認をすることをおすすめします。

 

・自社職人塗装専門店…完全に自社職人が施工を担当するので、中間マージンの発生の心配もありません。基本的には技術も確かです。

 

○業者選ぶ際の注意点
ここでは、業者を選ぶ際に注意していただきたい点をご紹介します。

 

・職人の入れ替わりに注意
大手の営業会社や総合リフォーム店では多くの下請け業者と契約を結んでいるため、塗装の途中で職人が入れ替わってしまうことがあります。
もし、職人の技術に差があったら、外壁塗装の仕上がりにも影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

・職人の技術に注意
自社職人を雇っている業者でも、例えば創業してまだ数年という会社の場合、職人の技術が十分に育っていない場合があるので、注意が必要です。

 

○おわりに
以上、外壁塗装の業者の種類とそれぞれの特徴についてご紹介しました。
外壁塗装に興味をお持ちの方はぜひ当社までお問い合わせください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00