Home

屋根の防水工事のメンテナンスのタイミングを横浜の塗装業者が解説 | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

屋根の防水工事のメンテナンスのタイミングを横浜の塗装業者が解説

屋根の防水工事のメンテナンスのタイミングを横浜の塗装業者が解説

「屋根の防水工事をこの前してもらったけど、そういえばメンテナンスのタイミングってどういうときなんだろう?」
「そもそも屋根の防水工事のメンテナンスは本当に必要なのかな?」
屋根の防水工事を受けた方の中には、このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

たしかに屋根の防水工事のメンテナンスは、どのようなタイミングですれば良いのかわからないですよね。
そこで今回は、なぜメンテナンスが必要なのか、防水工事の寿命、屋根の防水工事のメンテナンスにはどのようなものがあるのか、またそのメンテナンスをするタイミングはいつなのかという4点についてご紹介します。

 

○なぜメンテナンスが必要なのか
防水工事は一度行ったからといって、その効果が永遠に続くわけではありません。
時が経つにつれて、その効果は落ちてしまうのです。
効果が落ちてしまうと、雨漏れにつながり、結果として知らず知らずのうちに、家を傷めてしまうことになります。
このような事態を避けるために防水工事のメンテナンスは必要なのです。

 

○それぞれの防水工事の寿命とメンテナンス頻度

 

・ウレタン防水…寿命約10年、メンテナンス頻度約6~7年ごと

屋根の防水工事に使用する場合は、紫外線や夏と冬の寒暖差などによって、ウレタンゴムが劣化しやすいです。
そのため、メンテナンスの頻度としては、6年から7年ごとがよいでしょう。

 

・シート防水…寿命約12年、メンテナンス頻度約10年ごと

こちらは寿命もメンテナンス頻度も比較的長いです。
しかし、シートを重ね合わせているので、シートの繋ぎ目から段々と強度が弱まる可能性があります。
繋ぎ目が剥がれてきていないか、穴はないかなどをチェックする必要があります。

 

○調査方法
当社では、無料で以下の調査を提供しております。

 

・打診調査…塗膜の浮きを調査
・スコープ調査…塗膜の状態を調査
・ひび割れ調査…ひび割れの太さを調査
・積算調査…正確な数値を積算調査
・含水率調査…建物に含まれている水分量を調査
・高所調査…目に見えない高所も調査

 

このような調査をすることで、屋根の状態がどのようになっているのか、防水工事をするべきなのかを判断できます。

 

○メンテナンスのタイミング
メンテナンスのタイミングとしては、「以前に防水工事をしたときからどれだけ経っているか確認した」ときと、「先ほど挙げた調査でメンテナンスすべき箇所に気が付いた」ときがあります。
しかし、調査の中には目では気づかないものも多いので、やはりメンテナンスすべきか知るために調査を一度頼んでみることが有効だといえます。

 

○おわりに
以上、なぜメンテナンスが必要なのか、防水工事の寿命、屋根の防水工事のメンテナンスにはどのようなものがあるのか、またそのメンテナンスをするタイミングはいつなのかという4点についてご紹介しました。

屋根の防水工事に興味をお持ちの方はぜひ当社にお問い合わせください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00