Home

外壁塗装の目安やタイミングは?横浜の塗装会社が解説! | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

外壁塗装の目安やタイミングは?横浜の塗装会社が解説!

外壁塗装の目安やタイミングは?横浜の塗装会社が解説!

「壁がところどころボロボロになってきたけど、工事してもらった方がいいのかな…」
「塗装のタイミングの目安っていつ頃?」
大事な家を長持ちさせるには、外壁塗装は必要不可欠です。

 

けれど実際、塗装するべきかどうかのタイミングって、パッと見ただけじゃわかりませんよね。
そこで今回は、横浜の塗装会社が外壁塗装のタイミングと目安についてお答えします!

 

■外壁塗装のタイミングと目安
ここでは、外壁塗装の大体の目安となる年数に加え、タイミングとなる外壁に現れる症状についてお話させていただきます。

 

□年数で言うと?
目安は年数で言うと、7~10年がベストだと言われています。
この目安で必ず行わなければならないというわけではありません。
場合によっては、塗装をせずとも15年ほどもつこともあります。
しかし、7~10年ごとに外壁塗装を行うことで、確実に大事な家の寿命を延ばすことにつながります。

 

■タイミングとなる症状

□外壁の色あせ
外壁が色あせてきた場合は、外壁塗装を考えてもいいと思われます。
外壁塗膜自体がはがれているわけではないのですが、少なくともダメージが蓄積されている証拠です。
今後の塗膜の剥離などにつながります。

 

□チョーキング
外壁を触ったときに、白い粉が手につきませんか?
これを「チョーキング現象」と言い、外壁が劣化してきている証拠です。
原因は日々の雨風や紫外線、直射日光です。

 

特にバルコニー部分など、よく日が当たる場所はこの現象が起きやすいと考えられます。
チョーキング現象は、その後のひび割れやカビの発生につながりかねないので、早めに対処することをおすすめします。

 

□ひび割れ
外壁にひび割れはつきものですが、だからと言って放っておくと様々なリスクが発生します。
それは以下のようなものです。

 

・雨漏り
・耐久性の劣化
・カビが繁殖しやすくなり、人体に悪影響を及ぼす
・景観を損ねる

 

ひび割れは最も目に見える、外壁劣化のサインです。放っておかずに、業者に連絡しましょう。

 

□塗膜の剥がれ・浮き
塗料の効果が保てる期間を過ぎた証拠です。
雨風や紫外線から受けたダメージにより、塗料と外壁が密着できなくなってきています。
こうなると、外壁を保護する機能がなくなり、直にダメージを受けることになるので、早めの対処が必要になります。

 

以上が、外壁塗装の目安と、タイミングを計る症状になります。
以上のような症状を放っておくと、後々高額な工事費用が必要になる場合や、取り返しのつかないことになりかねません。

 

株式会社KINDAIでは、無料の診断・お見積もりを行っています。
家を建ててから10年近くたっている場合や、以上のような症状が出てきた場合には、是非お気軽にご相談ください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00