Home

塗装工事の季節はいつが良い?|横浜で外壁塗装をするなら | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

塗装工事の季節はいつが良い?|横浜で外壁塗装をするなら

塗装工事の季節はいつが良い?|横浜で外壁塗装をするなら

外壁塗装をどういった季節に行う方が良いのか迷う方も多いのではないでしょうか?
外壁塗装はお金もかかりますし、時間もかかる工事です。
何と言っても、普通の商品とは違って完成するまでは出来栄えが目に見えないため、できることなら失敗したくありませんよね。

失敗してしまわないためにも、どの季節に外壁塗装を行うのかは非常に重要です。
そこでこの記事では、外壁塗装を行うにあたって、どういった季節に依頼すれば適切なのかをご紹介していきます。

 

□季節ごとの外壁塗装の特徴
外壁塗装は通常、塗料を3回に塗り重ねることが基本となっています。
次の塗料を塗る前に、しっかりと前に塗った塗料を乾燥させる必要があります。
もしもしっかりと乾燥させずに次の塗料を重ねてしまった場合、半乾きの塗料に新しい塗料の水分が吸収されてしまいます。
そのため、塗膜が上手く形成されずに剥がれの原因となってしまうのです。
ですが、塗料を乾かすには、なかなか時間がかかってしまい大変です。
では、外壁工事のポイントを押さえた上で、季節ごとにご紹介していきます。

 

*春
春(3月、4月、5月頃)は雨が少なく、気温も暖かくなってくる時期ですので、塗料がすぐに乾きやすく、塗装が行いやすいというメリットがあります。
ところが、6月になると梅雨の季節に入り、塗料が雨で乾きにくくなってしまうということを予想されます。
そのため、4月や5月の春の時期に駆け込みで行う業者も多くなっているため、春に塗装を依頼する場合は早めに早めに予約をしておく必要があります。
また、春は急に天候が変わり、雨が降ることもあるので注意が必要です。

 

*夏
夏(6月~9月)は前半と後半で塗装のしやすさが大きく変わります。
前半の6月や7月は、雨が多い梅雨の季節であるため、外壁塗装には向かない時期となっています。
せっかく塗装をしても雨が降って塗料が流されてしまい、きれいな仕上がりにならないからです。

その反面、この時期の塗装を避ける方が多いため、予約が取りやすく金額も安くなる可能性があります。
また、雨さえ降らなければ、十分に暖かい時期ですので、塗料をしっかりと乾かせます。
そのため、地域特有の天候を熟知した業者に依頼することで、より安心して工事を行えます。

また、8月や9月は雨が少なくなり、塗装がしやすい状態になります。
暑過ぎることで業者の方が作業をしにくいといったことや、急な雷雨や台風などの発生のリスクがあります。

 

*秋
秋(10月や11月)は雨も少なく、暑すぎるわけでもないため、気候も湿度も安定していて一番塗装がしやすい時期と言えます。
ただ、人気の業者はすぐに予約が埋まってしまうため、早めの予約が必要です。

 

*冬
冬(12月~2月)は気温が低く、塗料がなかなか乾燥しないため、おすすめはできません。
雪が多く降る地域では、工事が中断されることもあるでしょう。

 

□最後に
以上のことから、秋が比較的おすすめの季節だということが言えます。
とは言っても、どの季節であっても塗料が行えないというわけではありません。
季節を考慮しながら丁寧に塗装を行ってくれる業者を選ぶことが何よりも大切になります。
ぜひ一度株式会社KINDAIにご相談ください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00