Home

外壁塗装の季節はいつがいい?横浜の業者が解説 | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

外壁塗装の季節はいつがいい?横浜の業者が解説

外壁塗装の季節はいつがいい?横浜の業者が解説

「外壁塗装を考えているけど季節はいつ頃が良いのだろう」
「一番適している時期に塗装を行いたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装に使用する塗料は外気の影響を受けやすく、使用する環境によって特徴が変わってきます。
そのため塗装を行う際にはスムーズに工事が行える時期、業者との兼ね合いがつきやすい時期まで考えて行うのが理想です。
そこで今回は外壁塗装と季節の関係について解説していきます。

 

□春・秋に塗装をする場合

春や秋は気候が比較的安定しています。
降水日数が少ないですし、気温も丁度よく工事をするには適していると言えるでしょう。

*注意点

春や秋は気候が安定しており作業をするのに向いています。
それゆえ、この時期に依頼が集中します。
業者からすると繁忙期というわけです。
そのため、塗装をお願いしても予約が取れない場合があります。
この時期に塗装をお考えの方は、なるべく早めの予約を心がけると良いでしょう。

 

□夏に塗装をする場合

夏は降水の心配も少なく、カラッとしているため工事をするには適していると言えるでしょう。
乾燥に必要な時間を短縮できるため他のシーズンより早く工事を終わらせることができます。

*注意点

塗装では、温度には注意が必要になります。
温度が高いと塗膜に気泡が発生する可能性があります。
そのため、時間帯にあった工事をする必要があります。

 

□冬に塗装を行う場合

冬は気温が低く、春や秋ほど業者も忙しくないため予約が取りやすいことがメリットとしてあります。

*注意点

外気温が低いため乾燥に時間がかかります。
塗料は乾燥中に気温が5度以下になってしまった場合、塗膜が凍結する心配があります。
塗膜が凍結した場合塗料に含まれている成分は壊れ、結果として密着力がなくなりすぐに剥がれてしまいます。
また、冬は1日の日照時間が短いため作業時間が短くなってしまいます。
作業の面では他のシーズンよりも制限の多い季節となりますが、塗装を行っておくことで春から新たな気持ちで生活することができるでしょう。

 

□梅雨に塗装を行う場合

梅雨は降水確率が高く湿度も高いため、塗料の乾燥に時間がかかります。
また、雨が降っている場合は工事を進めることができないので、工事期間が間延びする可能性があります。
極力この時期の塗装は控えるようにした方が良いでしょう。

 

□最後に

以上、外壁塗装と季節の関係について解説しました。
季節ごとに特徴があることがわかっていただけたでしょうか?
ぜひこの記事を参考にしていただき納得のいく季節選びにお役立てください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00