Home

屋根塗装工事の保証期間はどれくらい?横浜の業者が解説 | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

屋根塗装工事の保証期間はどれくらい?横浜の業者が解説

屋根塗装工事の保証期間はどれくらい?横浜の業者が解説

屋根塗装の保証がどれくらいなのか知りたい方はいらっしゃいませんか?
外壁塗装と同じように期間が定められており、あらかじめ知っておくことで心の余裕ができると思います。
そこで今回は、屋根塗装工事の保証や保証期間について解説していきます。

 

□保証期間はどれくらいなのか

期間は塗料や工事内容により決められます。
同じ塗料でも業者によって保証期間は異なるため、業者に直接確認をするようにしましょう。
ここでは目安として塗料ごとの保証期間を記述しました。
目安として参照ください。

*ウレタン塗料/5-6年
*シリコン塗料/7-8年
*フッ素塗料/7-10年
*タイル補修工事/3-5年
*シーリング工事/1-5年
*防水工事/10年

 

□業者が倒産すると保証はきかない

中には長期保証を売りにする業者も存在します。
しかし保証期間が長いからとそのまま鵜呑みにしてはなりません。
低いとは言えない塗装工事の費用、その全てを負担するわけですから、業者にとっても正直行いたくはないのです。
保証期間内でも業者に飛ばれたり、倒産したりすると保証を受けられなくなります。
その業者が信頼できるのか見極めた上で依頼する力も必要でしょう。

 

□倒産後でも受けられる保証もある

倒産したとしても受けられる保証もあるため知っておきましょう。

*長期性能保証制度

国土交通省が管轄する連合会による保証で、信頼性も高いです。
塗装業者の施工ミスによる問題が起こった場合に使用できます。

*長期性能保証

マスチック事業共同組合連合会による保証です。
これも同じく、保証の期間がまだある状態で塗装業者の施工ミスによる問題が起こった場合に使用できます。

*ペインテナンス

これは日本塗装工業会に加入している塗装業者の施工ミスによる保証を行うものです。
日本塗装工業会に加入できるのは塗装品質が認められた業者と定められています。
このことから塗装を依頼するならこの会員業者にお願いすると安心です。

 

□保証の効く範囲

なんでもかんでも保証が効くわけではなく、中には保証対象外となる事例もありますので、知っておきましょう。
*使用上の誤りにより起こった破損の保証
*摩擦や消耗などの経年劣化
*自然災害や公害というような外部要因

 

□おわりに

以上、屋根塗装工事の保証期間について解説しました。
保証が効くのは対象部分が「施工不良による塗装の劣化」です。
また、外壁塗装の保証では期間のみを見るのではなく、どういった事例に保証が適用されるのかということが大切になります。
ぜひ、保証をかける際には期間の他に内容まで確認するようにしましょう。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00