Home

外壁塗装を検討中の方必見!横浜の業者が耐用年数や長持ちさせるポイントを紹介 | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

外壁塗装を検討中の方必見!横浜の業者が耐用年数や長持ちさせるポイントを紹介

外壁塗装を検討中の方必見!横浜の業者が耐用年数や長持ちさせるポイントを紹介

外壁塗装は、日常的に情報に触れる機会が少ない専門的な領域であるからこそ、検討を重ねていくと外壁塗装の耐用年数や塗料についてなど知らないことが多いと気づきます。
建物の外観を綺麗に保つだけでなく、保護する目的もある外壁塗装は、大切な家のメンテナンスには欠かせません。
今回は、外壁塗装の耐用年数の目安や長持ちする塗料のポイント、性能を長く発揮させるためにできる取り組みについてご紹介します。
 

⬜︎外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の耐用年数は、使用する塗料の種類で大きく異なりますが、あくまでも「目安」にすぎません。
紫外線や雨風に晒されている環境は場所によって異なり、西日がよく当たるところやジメジメした湿気の多い場所など、条件によって左右されます。
外壁塗装で主として使われる塗料の種類と耐用年数は以下のようになっています。
アクリル系塗料・・・4〜7年
ウレタン系塗料・・・6〜10年
シリコン塗料・・・8〜15年
フッ素系塗料・・・15〜20年
特殊塗料・・・15〜20年
 

⬜︎塗料選びのポイント

一般に、耐用年数が長くなるほど価格は高くなります。
そのため、1回の塗り替え時にかかる費用を抑えられたとしても、耐用年数が短いということは塗り替えが多く必要になるということであり、工事代が都度かかることを考えると、安い塗料の方が費用を抑えられると一概には言えません。
塗料の耐用年数から塗り替えが必要になる回数までを考慮して、塗料を選ぶことが大切です。
また、塗料には遮熱性、防水性、防汚性、防カビ性といった機能を持ち合わせているものもあります。
先述したように、家の立地や場所によって塗料に求める性能は異なります。
家のことをよく理解して、長い目で見たときに家をきちんと保護できる性能を兼ね備えた塗料を選べるかどうかがポイントになります。
 

⬜︎塗料の性能を長く保つためにできること

外壁塗装において建物を保護するために適切な塗料を選ぶことは重要ですが、塗装の劣化を防ぐことで性能を長く保つことができます。
そのためにできることとしては、家の環境をよく理解することです。
そして、陽の当たりにくい壁であれば、カビや苔の発生を防ぐためにこまめに掃除したり、物を置かないようにして風通しをよくしたりという対策を講じます。
 

⬜︎まとめ

建物を守るために欠かせない外壁塗装において、塗料選びは重要なポイントです。
耐用年数や性能などを考慮して、家の環境に合った適切な塗料を用いることが外壁塗装を長持ちさせることにつながります。
そのためにも、塗料の性能を最大限に発揮してくれる知識と技術を兼ね備えた信頼できる業者選びをしてみてはいかがでしょうか。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00