Home

屋根塗装における色選びのポイントは?失敗しないコツを横浜の業者が解説 | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

屋根塗装における色選びのポイントは?失敗しないコツを横浜の業者が解説

屋根塗装における色選びのポイントは?失敗しないコツを横浜の業者が解説

お家の印象を大きく左右する屋根の色は、一口に白といっても黄色味がかっていたりくすんでいたりとたくさんの種類があります。
そのため、なかなか色を決められずに困っている方も多いのではないでしょうか。
今回は、屋根塗装の際に失敗しないための色選びのコツをご紹介します。
 

⬜︎色選びの前にすべきこと

屋根塗装に関わらず、決断をしなければならない時にいちばん大切なのが、あなたが描く成功のイメージを明確にしておくことです。
塗装はそう頻繁に行えるものではなく、一度完了してしまうと、不満を抱えたままでもその家に住み続けなければなりません。
そうならないためにも、どういった家にしたいのかというイメージをしっかりと持っておきましょう。
その際に、色が持つ効果から持たれたい印象に合うカラーを選択するのも一つの手段です。
 

⬜︎色選びで考えたいこと

屋根塗装は、一般的に10年前後が塗り替えの目安となります。
そのため、長く付き合っていく上で、経年劣化による汚れや色の変化を考える必要があります。
白や黒といった色は汚れが目立ちやすかったり、赤や青などの原色は経年劣化で薄くなり古びた印象になってしまったりします。
塗った直後だけでなく、長く暮らしていくことを考えた色選びが大切です。
その上で、自分のイメージに合う色を絞っていくと選択しやすくなる可能性があります。
また、何気なく歩いている時に他の家の屋根を見比べてみることも、色選びの際には役に立ちます。
 

⬜︎屋根塗装を失敗しないためにできること

外壁塗装で、自分の希望通りの色ではなかったということはよく起こり得るトラブルです。
その原因は、カタログのカラーサンプルだけで色を選んでしまい、イメージしていたものと実際の仕上がりが異なってしまうからです。
視覚現象の中に、「面積効果」と呼ばれる面積によって色の見え方が異なってしまう現象があります。
小さい面積は暗く見えて、大きい面積は明るく見える、というように見え方に違いが生じてしまいます。
 
そのため、小さなカタログのサンプルの色が気に入っていても、いざ塗ってみたら思っていたのと違うということが起こり得るのです。
それを防ぐためにできることとして、実際に塗装する前に、一部分だけ試し塗りしてもらうという方法が挙げられます。
また、サンプルで見ていたよりも、実際の屋根では陽の当たり方のせいで明るく見えてしまうということもありえます。
実際の環境により近い状況で判断することが、色選びを失敗しないためのいちばんの近道と言えます。
 

⬜︎まとめ

理想とする家のイメージに近づけるためには、自分の理想を明確にしておくことが重要です。
その上で、実際の環境により近い状況で判断することが理想的です。
試し塗りは、業者を選んでからになることも多いので、知識と技術を兼ね備えた信頼できる業者選びも始めてみてはいかがでしょうか。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00