Home

内装リフォームしたい!横浜市の業者が教える床の材料とは!? | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

内装リフォームしたい!横浜市の業者が教える床の材料とは!?

内装リフォームしたい!横浜市の業者が教える床の材料とは!?

「内装リフォームの材料って難しそうでよくわからない」
「基本的なところから詳しく知りたいな」
リフォームする際によく悩まれるのがどのような材料があるのかということではないでしょうか。
そこで今回は、内装リフォームを検討する方必見の床の材料について解説します。

□床の材料

あなたに合った床材を選ぶためにもどのようなものがあるのか知っておきましょう。

*フローリング

フローリングは最近では一番多い床材です。
木材や天然木をそのまま使用し、見た目もナチュラルで美しいのが特徴です。
合板材と呼ばれるものや印刷したシートを貼っていくタイプもあって比較的たくさんの種類があるのが特徴です。
先ほど挙げた合板材ですが、耐水性に優れ、掃除のしやすさなどから多くの人に選ばれています。
一方で無垢材は柔らかく、肌触りが良いのが特徴で木の香りでリラックス効果も期待できます。
また、調湿効果もあるので部屋を快適な空間にしてくれるでしょう。

*コルク

コルクはみなさんご存知の通りワインの栓でも使われている素材で、天然のクッションと呼ばれるほどの非常に高い弾力性を持っています。
また、吸音性があるので防音を気にしている方、保湿性から冬に裸足でも体が冷えないことからお年寄りの方がいる家庭にオススメです。

*畳

これは日本人なら馴染みのある床材ではないでしょうか。
畳ならではの柔らかさや落ち着きを感じることができると思います。
しかし、メンテナンス面で見ると手間がかかるのでそのあたりも考慮する必要があります。

*石材

大理石や御影石などの様々な種類があり、玄関や水回りによく使用されます。
石材を使うと他の材料では出せない見た目の高級感を出すことができます。
また、人工大理石だと価格もそこまで高くありません。
一方で素足だと冷たく感じますし、石なので硬く、転倒すると怪我をする危険もある床材です。

□注意点

床材のリフォームで注意していただきたいのが、デザイン性だけでなく手触りや足触りをチェックすることです。
特に小さなお子さんがいる家庭や床の上で横になる生活スタイルがある方は必ずチェックしましょう。
他にも固さや音の響きなどの見た目だけではわからない情報を確認してください。

□まとめ

以上、内装リフォームにおける床の材料についてご紹介しました。
難しそうに思われたかもしれませんが、意外と簡単で驚かれたのではないでしょうか。
今回の記事を参考に、あなたのお家にあった内装リフォームについて検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00