Home

横浜ならお任せ!屋根の塗装工事の保証期間はどれくらい? | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

横浜ならお任せ!屋根の塗装工事の保証期間はどれくらい?

横浜ならお任せ!屋根の塗装工事の保証期間はどれくらい?

「塗装工事をしてもらってすぐに何かあったら保証してもらえるのかな?」

「保証って何年くらいあるの?」

このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

確かに塗装に関して何もわからないため、ほとんどのケースで業者の方にお願いするしかないため、塗装後すぐに何かあり、その度に料金を取られていたらすごい金額になりますよね。

ましてや、外壁塗装は安いものではないため、しっかりとした保証がついていないと不安だと思います。

今回の記事ではそういった方のために屋根の塗装工事の保証についてご説明します。

塗装工事の保証には種類がある?

外壁塗装の保証には三種類あります。

その三種類は自社保証、業者が加盟している組合の保証、塗料メーカーの保証です。

しかし、メーカー保証は非常に例外なため今回の記事では扱いません。

基本的に自社保証がメインになると考えておくのがいいでしょう。

頼んだ業者が組合に加入していないという可能性が考えられるからです。

そのため今回の記事では自社保証についてもう少し詳しく見てみましょう。

自社保証

保証の期間は平均すると3~5年くらいが多いです。

自社保証は業者ごとに用意しているものなので、一概にいい、悪いを決めることはできません。

例えば、本当にお客様のことを考えている業者さんはこまめに訪問して外壁のチェックと聞き取りを行っている業者さんもあるようです。

しかしその反対もあり、依頼を獲得するためだけにインパクトの強い保証を用意して、営業しにくるような業者もあるようです。

・保証の内容をきちんとチェックする

上記にもあるように大切なのはインパクトではなく、内容なのです。

チェックポイントは「何を、どのくらいの期間、どういう状態まで」保証してくれるかです。

これをチェックしましょう。

・何十年も保証しているのは内容がない

たまに何十年も保証しているものがあるようです。

しかし塗料のメーカーが塗料の効果期間を設定しているのに、それ以上保証するなんておかしな話だと思いませんか?

塗料の期間は長いものでも十数年、その期間以上や同じくらい保証しているものは営業のインパクト用と考えていいでしょう。

まとめ

屋根の塗装保証機関についてはいかがでしたか?

保証を利用して無理な営業をかけてくるような業者もあるので気をつけましょう。

保証で大切なのは「何を、どのくらいの期間、どういう状態まで」です。

年数だけを見過ぎずに、内容までしっかりチェックしましょう。

当社の塗装は保証もしっかり準備しています。

「また10年後もKINDAIに頼みたい!」と思っていただけるようなサービスを心がけています。

迷っている方は是非一度ご連絡ください!


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00