Home

防水屋根工事について | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

防水屋根工事について

防水屋根工事について

水の侵入から住まいを守る防水・屋根工事

 

 

water_img_01

 

 

建物はどうしても水が内部に入り込むと耐久力が低くなってしまいます。 屋根や外壁、ベランダやバルコニーがひび割れて水漏れが起きてしまうと住宅の劣化につながってしまいます。 そういった漏水による建物被害を防ぐ役割をするのが防水・屋根工事です。
何十年と長く、そして快適に住んでいきたい住まいだから、防水・屋根工事を定期的におこなう必要性が出てきます。定期的にメンテナンスをすることで建物の寿命を延ばし、資産価値を守ってくれる役割を担っている工事です。
建物への漏水による被害は、すぐにはわからず徐々に現れてくるものです。 建物の中に留まって木材や鉄筋を侵食することもあります。
そうなる前に、劣化や不具合が確認できるようであれば、業者に定期的に点検依頼をおこなうことをおすすめします。 5~10年程メンテナンスしていない場合は是非ともご検討ください。 点検の結果、防水工事をする必要がない場合もあります。 しかし、すでに漏水していた場合などは早めの対処が建物を守る上で必要です。

 

防水・屋根工事の種類

実際に防水工事を考えてみると、たくさんの種類があり、何をお願いしたらいいのか迷ってしまいます。 また屋根工事も葺き替えや塗り替え、カバー工法といった工事の種類、そしてさまざまな屋根材がございます。
迷ったら診断をしてもらい、予算や希望と状況を見て判断するのが一番いい方法なのですが、判断材料のひとつとしまして防水工事種類一覧表を下記にご用意いたしました。
それぞれの防水工事により耐用年数や適用箇所を判別することができます。
また、塗る断熱材といわれる「ガイナ」もおすすめしております。断熱、遮熱により冷暖房費の軽減による節電、CO2削減にも貢献することができます。詳しくはこちらよりご確認ください。

 

【FPR防水】 耐用年数:約10~13年

強化した防水膜(繊維強化プラスチックス)を使用し、軽量でかつ優れた耐久性と硬さがあります。キズが付きにくいのも特長の一つ。 熱や紫外線にも強いので、住宅ベランダや屋上など利用されています。

■ 施工に適した場所 ■
・ベランダ ・屋上駐車場 ・ビル、マンションの屋上 ・プール ・浴室 ・船舶

 

【ウレタン防水】 耐用年数:約10~13年

ウレタン防水は液状材料を塗布する工法の為、下地の複雑な形状になじみやすく継ぎ目がありません。既存の防水層を撤去しなくても塗布できるので費用が軽減できトータルコストが抑えられます。重ね塗りが出来るので、その後のランニングコスト削減にも繋がります。

■ 施工に適した場所 ■
・ベランダ ・ビル、マンションの屋上 ・駐車場 ・観覧席 ・スポーツのできる屋上コート ・学校

 

【アスファルト防水】 耐用年数:約17~25年

薄いアスファルトのシートを何層か重ねて防水層を作ります。古くからの歴史ある工法で実績があります。比較的安価に施工ができ、信頼性もあります。

■ 施工に適した場所 ■
・住宅ベランダ  ・ビルやマンション屋上

 

【ゴムシート防水】 耐用年数:約13~15年

複数のゴムシートを重ね合わせた工法です。伸縮性と軽さがありコストも抑えられます。その耐久年数は長く、約12~15年ほどあります。歩行には不向きな特性がありますが、軽歩行は可能です。防音にも優れています。

■ 施工に適した場所 ■
・住宅ベランダ  ・ビルやマンション屋上

 

【塩化ビニールシート防水】 耐用年数:約13~15年

厚さ2mmほどの塩化ビニルシートを接着剤で張り合わせる工法です。本体が工場で形成されているので品質が安定しています。衝撃や磨耗に強く、カラーバリ エーションも豊富なので仕上がりもきれいです。しかし、シートの結合部分で剥離しやすく、焼却するときにはダイオキシンの心配もあります。

■ 施工に適した場所 ■
・ベランダ ・廊下 ・ビル、マンションの屋上 ・プール ・屋根の補修

 

【アクリル樹脂】 耐用年数:約5~8年

耐候性では劣っているが、コスト面は安い塗料です。

■ 施工に適した場所 ■
・住宅ベランダ  ・ビルやマンション屋上


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00