Home

横浜市Y様邸 | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

施工実績

横浜市Y様邸

外壁:パーフェクトトップ(日本ペイント) 屋根:快適サーモWSi(水谷ペイント)
横浜市 Y様邸外装工事

弊社HPよりお問い合わせいただき、受注をいただきました。
年末のお忙しい中にも関わらず、工事のご協力いただき、無事、年内に竣工することができました。
竣工後も責任をもってご対応させて頂きますので、お気づきの点などございましたらどうぞお気軽にご連絡下さいませ。
今後ともお付き合い頂ければ幸いでございます。

それでは、以下施工手順です!

横浜市Y様邸

サイディング目地、既存シーリングの撤去作業です。 手動工具・電動工具を用いて丁寧に撤去作業を行います。 シーリングには、増し打ち(既存シールの上から重ねて新規シールを打ち直す)と打ち替え(既存シールを撤去後、新規シールを充填する)の2種類があります。費用が抑えられるのは増し打ちですが、その後の耐久性を考えると、打ち替えをお勧めいたします。 今回は、全て打ち替えでの工法で作業させていただきました。

横浜市Y様邸

建具廻りも綺麗に取り除きます。

横浜市Y様邸

サイディングのお家は、全てのシーリングを撤去するとかなりの量になります。

横浜市Y様邸

シールがはみ出さないように、養生を行いシール用プライマー(接着剤)を塗ります。

横浜市Y様邸

シーリング充填後、ヘラで均します。

横浜市Y様邸

付帯物の根元廻りもしっかりとシーリング処理を行います。

横浜市Y様邸

養生テープを剥がし、シーリングの工程は完了です。

横浜市Y様邸

屋根の高圧洗浄の様子です。 軒樋に溜まりがちな泥汚れも綺麗に洗浄致しました。

横浜市Y様邸

外壁の高圧洗浄です。 経年による苔などの細菌汚染や、排気ガスなどの大気汚染による汚れを綺麗に洗い流します。

横浜市Y様邸

屋根に付帯している、雪止め金物や棟押えなどの錆をやすりで清掃します。

横浜市Y様邸

清掃後、2液混合タイプの錆止め材を塗装します。

横浜市Y様邸

屋根下にある軒先水切りと呼ばれる部位もしっかりと錆止め塗装を行います。

横浜市Y様邸

遮熱塗料用プライマーを塗装します。

横浜市Y様邸

瓦同士が塗料でくっついてしまわない様に、「タスペーサー」を挿入し、縁切りを行います。

横浜市Y様邸

遮熱屋根塗材を塗っていきます。 下地材が白く上塗材が濃い色の為、1回目の塗装もしっかりと塗り込まなければ、2回目塗った時に下地材の白がでてしまい上手に仕上がりません。 先輩によく言われていたことは、「1回で仕上げる気持ちで丁寧に塗れ!!」です。経験を重ねていくうちに言っていた意味に気付かされます。

横浜市Y様邸

しっかりと中塗りを行った後は、上塗りを行います。塗料膜厚が偏らないよう広い面はローラーで、細部は刷毛を使って丁寧に仕上げました。

横浜市Y様邸

ソーラーパネル下は、手が入らないので塗りこめるところまで、塗装させていただきました。

横浜市Y様邸

屋根の仕上がりです。

横浜市Y様邸

外壁塗装の工程です。 今回、カラーシミュレーションを行い、2トーンで塗装を行いました。 これは、高圧洗浄後の下塗り材(シーラー)を塗装しています。

横浜市Y様邸

濃彩色の上塗り1回目の様子です。

横浜市Y様邸

淡彩色(白系)の上塗り1回目の様子です。

横浜市Y様邸

色分け塗装の途中経過です。 ぬり絵の様に、周りを縁取りし塗り進めます。

横浜市Y様邸

淡彩色(白系)の仕上げ塗りです。

横浜市Y様邸

濃彩色の仕上げ塗りです。

横浜市Y様邸

細部を塗装するときは、周りに塗料がついてしまわない様に、マスキングテープで養生を行い、見切ります。 塗装屋がいう「見切り」とは、養生テープを剥がした時に、テープの隙間から塗料の漏れなどないように綺麗に仕上げることを言います。 ただ、テープを貼る面に凹凸がある場合が多く、しっかり養生をしたつもりでも、塗料が漏れてしまうことがあります。 その場合は、また養生テープを貼り直し「見切り直し」を行います。「ダメ直し」・「タッチアップ」とも言い換えられます。 私はこの部分に、職人の思いや気持ちが大きく表れる工事だと考えております。

横浜市Y様邸

付帯物の塗装です。 こちらも、下塗りを行います。 窯業製品でしたので、窯業用プライマーを塗装します。

横浜市Y様邸

付帯物塗装、上塗りの様子です。

横浜市Y様邸

付帯物塗装、仕上げ塗りの様子です。

横浜市Y様邸

建物土台基礎の上に設けられている、水切りの塗装です。 下地清掃後、錆止めプライマーを塗装しました。

横浜市Y様邸

土台水切りの上塗りの様子です。

横浜市Y様邸

土台水切り、仕上げ塗りの様子です。

横浜市Y様邸

バルコニー防水工事です。 下地が、めくれたり浮いてしまった部分を切り取ります。 今回は、一部下地に不具合があっただけでその他は問題ありませんでした。

横浜市Y様邸

下地の補修作業です。 白い綿のようなものが、繊維ガラスです。 このガラス、素手で触ったり服に付くとチクチクするので取り扱いには要注意です。 このガラス繊維とプラスチック樹脂を合わせ塗ることで、FRP(繊維強化プラスチック)が出来上がります。

横浜市Y様邸

ガラス繊維を樹脂で固めた様子です。 樹脂の色は透明なのでガラス繊維を浸すと分かり辛くなってしまいました。。。 この後、補修した部分の不陸調整(表面を平滑に削ること)を行います。

横浜市Y様邸

補修が終わったら、バルコニー全体に塗り替え用プライマーを塗装します。

横浜市Y様邸

最後に、トップコートを塗装して完成です。

横浜市Y様邸

仕上がりの様子です。 バルコニーの不具合は雨漏りに直結するケースが多いので、出来れば5年に1回は専門業者に見てもらうことをお勧めします。

横浜市Y様邸

BEFOR

横浜市Y様邸

AFTER

  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00