Home

外壁塗装の工事期間はどのくらいかかる?横浜の外壁塗装業者が解説 | 外壁塗装、屋根防水工事のことなら神奈川県横浜市神奈川区のKINDAIへ

受付時間 平日:9:00~18:00

外壁塗装の工事期間はどのくらいかかる?横浜の外壁塗装業者が解説

外壁塗装の工事期間はどのくらいかかる?横浜の外壁塗装業者が解説

みなさんは外壁塗装工事にどのくらいの期間がかかるかご存知ですか?

外壁塗装工事を行う間は近隣の方に騒音などで迷惑をかけてしまうかもしれません。
そのため、だいたいいつ頃までに工事が終わるのかを把握して近隣の方に伝えておく必要があります。
このようなことから、外壁塗装業者に任せるだけでなく、ご自身で工事期間を把握しておくことは非常に重要です。

そこでこの記事では外壁塗装工事にかかる期間の目安を、工事工程とともにみなさんにお伝えしたいと思います。

 

□外壁塗装工事に要する期間

 

・1日目

まず1日目に打ち合わせや近隣へのあいさつを行います。
外壁塗装を行うにあたって、塗装前に外壁塗料の種類や色を綿密に打ち合わせすることは非常に大切です。
また、急に塗装を行うと近隣の人はびっくりしてしまうため、塗装が始まる前にきちんと塗装を行う旨を近隣の人へきちんと伝えておくことが必要です。

 

・2日目

2日目に足場の設置作業を行います。
足場は職人が工事を行うための道となります。
足場を組まずに工事を行う業者もありますが、広範囲の塗装工事を行うため、何より工事を行う人の安全の確保のために足場を組むことは重要です。

 

・3日目

3日目は高圧洗浄を行います。
高圧洗浄とは装置で高圧水を噴射し、その衝撃を利用して、外壁の汚れを落とす作業のことを言います。
高圧洗浄を行うことでかなり汚れが落ちて見た目がきれいになります。
それだけでなく、汚れを取り除くことで外壁と新しい塗膜の密着力を高めることができます。
その結果、塗装が剥がれにくく、塗装効果を長持ちさせることができます。

 

・4日目、5日目

4日目と5日目で養生とコーキングを行います。養生とは塗料が塗装をしない部分に付いてしまうことを防ぐために、塗装をしない部分にカバーを設置することを言います。
コーキングとは、外壁塗装の際に、塗材と塗材をくっつける役割を担っているものです。

 

・6日目、7日目、8日目

6日目・7日目・8日目の3日間で塗装を行っていきます。
なぜ三日間なのかというと塗装は、下塗り・中塗り・上塗りという順で3回に分けて行う必要があるからです。

 

・9日目

9日目にその他の工事を行います。
外壁が剥がれていたり穴が開いていたりした場合、塗装だけでは十分に補修することができません。
そのため、きちんと工事を行って補修をしましょう。

 

・10日目

10日目に足場の解体を行います。
この時、せっかく塗装した外壁に傷がつかないように解体していきます。
足場の完成が終わるとついに完成です。

 

□おわりに

 

このような外壁塗装の工程を考慮すると最低でも10日間はかかることが分かると思います。
ぜひ参考にしてみてください。


  • 外壁塗装について
  • 内装リフォームについて
  • 防水屋根工事について
  • 塗料について
  • 施工日誌

受付時間 平日:9:00~18:00